AIエッジ解析処理カメラ「Eeye」シリーズ

超高速エッジAIチップによる 顔認識・体表面温度測定・マスクチェック装置

「EG-Keeper」は、額の皮膚の表面温度を検知できるため、オフィスビルでの迅速かつ予備的な発熱スクリーニングに使用できます。マスク着用時も人の識別可能で登録された人物を判断し、ドアロックの開錠にも使用することができます。

製品紹介

特徴

1.高速・高性能
 体表面温測定をわずか0.3秒で±0.2℃の精度で実施。

2.マスク着用状態での顔認証へも対応
 高精度な顔解析でマスクを外さずに顔認識を行うことが可能。

3.赤外線カメラを用いてのなりすまし防止
 赤外線カメラによる奥行きの解析も行う為、なりすまし対策が可能。

4.音声ガイダンス
 音声による案内が可能。

5.豊富な拡張インターフェース
 アラーム/有線LAN/WiFi/USB等、豊富な拡張インターフェースを具備し、既存の勤怠管理システムとの連携を可能とします。

超高速エッジAIチップ搭載でサーバー解析不要。体表面温度測定0.3秒の高速認識。測定精度は±0.2℃。顔認証0.1秒の超高速認識。認識精度は99%以上。0.1秒で10人の識別可能。
マスク着用の検出が可能。他に性別・年齢・メガネ・帽子・ヘルメットなどの検出や表情の認識も可能。Wi-Fi APモード対応でネットワーク環境のないところでも管理・設定が可能。PC・スマホのWEBブラウザで簡単設定。専用のWEB管理サーバシステム内管理アプリで複数端末を一括管理。

簡単設定

PCやスマホでWi-Fiまたは有線LANを使い、設定値の変更やログの確認をすることが可能。

システム連携

従業員、来訪者の測定結果を記録。勤怠管理サーバシステムと連携し勤怠を記録。
※連携システムの構築には別途費用がかかります。

設置場所例

イベント学校オフィスビル
病院駅・空港スーパー

導入例

SMALL WORLD TOKYO (東京有明)
2020年6月11日にオープンした世界最大級ミニチュアテーマパーク
早稲田大学東伏見キャンパス
アメリカンフットボール部BIG BEARSの練習前の検温と記録に活用

製品ラインナップ

設置形態に合わせて選べる3タイプ

スタンドタイプ壁掛けタイプ卓上タイプ

スタンドオプション

スタンドタイプ取り付け用、LEDライト付高さ別専用スタンド

台座タイプスタンドタイプ(600mm)スタンドタイプ(1100mm)

製品仕様

温度測定距離 0.3m~1.5m 推奨0.7m
温度測定精度 ±0.2℃ ※ただし、環境に影響されます。
LCD 7インチ 解像度1024×600
なりすまし 赤外線使用による顔なりすまし検出
登録者数 30,000人
認証距離 0.3m~1.5m 推奨0.7m
電源 DV12V
ネットワークインタフェース RJ45 10M / 100M Ethernet port
WiFi:2.4G(IEEE802.11n)
USB USB 2.0
保存温度 -40℃~+60℃
動作温度 顔認証/温度検知 -20~40°/ 15~35°
(額の温度とは関係ありません。)
電力 Maximum <24W, 12V電源>
外形寸法 120mm×226.5mm×33.5mm
重量 845g

カタログダウンロード(PDF)

お問い合わせ

お見積、仕様確認、製品説明依頼等のお問い合わせにつきましては、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

助成金・補助金の
ご利用について
各自治体で実施されている助成金事業の対象となる場合があります。
※助成金の申請は弊社で代行することはできません。
製造元:機器設置・スポット保守
株式会社 WDS (https://www.wd-s.com/)